ASIAN KUNG-FU GENERATION 邦楽PV&歌詞 ディスコグラフィー

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのPV・歌詞を新曲からデビュー曲まで情報満載。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの情報を今すぐチェック!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ASIAN KUNG-FU GENERATION シングル一覧 

|| ASIAN KUNG-FU GENERATION シングル一覧
>> ASIAN KUNG-FU GENERATION ディスコグラフィーへ


1st 未来の破片 2003年8月6日

2nd 君という花 2003年10月16日

3rd サイレン 2004年4月14日

4th ループ&ループ 2004年5月19日

5th リライト 2004年8月4日

6th 君の街まで 2004年9月23日

7th ブルートレイン 2005年11月30日

8th ワールドアパート 2006年2月15日

9th 或る街の群青 2006年11月29日

10th アフターダーク 2007年11月7日

11th 転がる岩、君に朝が降る 2008年2月6日

12th 藤沢ルーザー 2008年10月15日


>> ASIAN KUNG-FU GENERATION ディスコグラフィーへ

スポンサーサイト
[ 2008/10/13 23:39 ] ASIAN KUNG-FU GENERATION | TB(0) | CM(0)

ASIAN KUNG-FU GENERATION ディスコグラフィー 

|| ASIAN KUNG-FU GENERATION
>> ASIAN KUNG-FU GENERATION シングル一覧へ


|| ASIAN KUNG-FU GENERATION
所属レコード会社はキューンレコード。
いわゆる下北系と呼ばれるロックバンドの代表格で、国外での人気も高く、CDリリースも果たしている。


|| メンバー
後藤正文(ごとう まさふみ、1976年12月2日-)
ボーカル&ギター担当。ほとんどの曲の作詞と作曲を手掛ける。
静岡県島田市出身。
関東学院大学経済学部(二部)卒業。


喜多建介(きた けんすけ、1977年1月24日-)
リーダー。ギター、ボーカル担当。
神奈川県横浜市出身。
関東学院大学経済学部卒業。

山田貴洋(やまだ たかひろ、1977年8月19日-)
ベース&ボーカル担当。静岡県富士宮市出身。
関東学院大学文学部卒業。

伊地知潔(いぢち きよし、1977年9月25日-)
ドラム担当。神奈川県鎌倉市出身。
関東学院中学校高等学校、関東学院大学工学部卒業。


|| 概要
後藤正文(Vo&G)、喜多建介(G&Vo)、山田貴洋(B&Vo)、伊地知潔(Dr)の4人編成。
CDジャケットは、全て中村佑介のイラスト(自主制作盤を除く)。

バンド名の由来は、後藤が好きだったthee michelle gun elephantが、英単語を3つ使用している事から「3つ単語を使おう」と思い立ち、考えた末に「ASIAN KUNG-FU GENERATION」で決定。
「海外の人たちが読んで驚くような名前」という意味も込められている。“カンフー”は、後藤がカンフー映画好きだから。

発表されている作品の歌詞はすべてボーカルの後藤正文によるもの。

1996年 横浜・関東学院大学内の軽音楽部にて結成。

2000年 自主制作にて全英語詞による6曲入りのアルバム『THE TIME PAST AND I COULDN'T SEE YOU AGAIN』を発表。
ライブ会場、インターネットにて手売り販売していた。

2003年 4月23日、『崩壊アンプリファー』がキューンレコードより異例のメジャー再リリース。
その中の収録曲『遙か彼方』がアニメ『NARUTO -ナルト-』のオープニングテーマになる。

2006年 結成10周年


>> ASIAN KUNG-FU GENERATION シングル一覧へ

[ 2008/10/13 23:40 ] ASIAN KUNG-FU GENERATION | TB(0) | CM(0)
アーティスト / 歌手一覧
人気ランキング
ブログパーツ


PV 無料 動画 youtube 音楽  相互リンクのリンクモスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。