L'Arc~en~Ciel 邦楽PV&歌詞 ディスコグラフィー

L'Arc~en~CielのPV・歌詞を新曲からデビュー曲まで情報満載。L'Arc~en~Cielの情報を今すぐチェック!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)シングル一覧 

|| L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)シングル一覧
>> L'Arc~en~Ciel ディスコグラフィーへ

1st Blurry Eyes 1994年10月21日

2nd Vivid Colors 1995年7月6日

3rd 夏の憂鬱 1995年10月21日

4th 風にきえないで 1996年7月8日

5th flower 1996年10月17日

6th Lies and Truth 1996年11月21日

7th 虹 1997年10月17日

8th winter fall 1998年1月28日

9th DIVE TO BLUE 1998年3月25日

10th 浸食 ~lose control~ 1998年7月8日

11th HONEY 1998年7月8日

12th 花葬 1998年7月8日

13th snow drop 1998年10月7日

14th forbidden lover 1998年10月14日

15th HEAVEN'S DRIVE 1999年4月21日

16th Pieces 1999年6月2日

17th Driver's High 1999年8月11日

18th LOVE FLIES 1999年10月27日

19th NEO UNIVERSE/finale 2000年1月19日

20th STAY AWAY 2000年7月19日

21st Spirit dreams inside -another dream- 2001年9月5日

22nd READY STEADY GO 2004年2月4日

23rd 瞳の住人 2004年3月3日

24th 自由への招待 2004年6月2日

25th Killing Me 2005年1月13日

26th New World 2005年4月6日

27th 叙情詩 2005年5月18日

28th Link 2005年7月20日

29th the Fourth Avenue Cafe 2006年8月30日

30th SEVENTH HEAVEN 2007年5月30日

31st MY HEART DRAWS A DREAM 2007年8月29日

32nd DAYBREAK'S BELL 2007年10月10日

33rd Hurry Xmas 2007年11月14日
Hurry Xmas 2008年11月26日

34th DRINK IT DOWN 2008年4月2日

35th NEXUS 4 / SHINE 2008年8月27日


>> L'Arc~en~Ciel ディスコグラフィーへ

スポンサーサイト
[ 2008/10/05 21:33 ] L'Arc~en~Ciel | TB(0) | CM(0)

L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)ディスコグラフィー 

|| L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)
>> L'Arc~en~Ciel シングル一覧へ


|| L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)
1991年に結成
リーダーはtetsu
所属プロダクションはMAVERICK D.C


|| メンバー
現メンバー
hyde   ボーカル、コーラス
ken   ギター、キーボード、コーラス
tetsu  ベース、コーラス、ベース
yukihiro ドラムス


元メンバー
hiro ギター 1992年6月12日脱退
pero ドラムス 1992年12月30日脱退
sakura ドラムス、パーカッション 1997年11月4日脱退


|| 概要
1991年2月頃、大阪市でtetsuを中心に結成される。グループ名の「L'Arc~en~Ciel」はフランス語では、「虹」という意味。

当時のメンバーはtetsu(ベース)、hyde(ヴォーカル・当時は「Hide」と表記)、hiro(ギター)、pero(ドラムス)の4人。hydeとperoは共に「Jelsarem's Rod」で活動していたが、バンドのメインコンポーザーであったhydeが「行き詰まりを感じて」解散。バンドの解散前に参加したセッション大会でたまたま会ったtetsuが、hydeを「バンドを作ろう」と電話などで誘い続けた結果、L'Arc~en~Cielに「セッションをした縁で」加入する。
インディーズの新規バンドとしては異例の動員数を誇っていたことでも知られる。

1992年6月、hiroが脱退し、後釜にtetsuの幼なじみであったkenが加入。直後から1stアルバムのレコーディングを行うが、メンバー曰く「出来映えが気に入らなかった」ため全曲をボツにし、アルバムを発売しない意向を取った。
その1件で当時所属していた事務所との間に軋轢が生まれ、事務所側からレコーディングに掛かった経費などを支払いなどを命じられたが、これとほぼ同時に現在の所属事務所、デンジャークルー(現・マーヴェリック・ディー・シー)社長の大石征裕から「うちの事務所に来て欲しい」と誘いがあり、そのままデンジャークルーへ移籍する。

1993年、前年12月に脱退したperoに代わって、1月にsakuraが加入。この後に約1ヶ月間のレコーディングに入り、限定を除いた初の公式発売音源となる1stアルバム『DUNE』を発売。5月10日付オリコンインディーズアルバムチャートでは1位を獲得し、インディーズでの人気を不動のものとする。この年の夏、当時ソニー・ミュージックエンタテインメント内では新規レーベルであった「キューン・ソニーレコード」(現キューンレコード)と契約を結び、1994年7月1日、ビデオシングル『眠りによせて』でメジャーデビューを果たす。

1994年10月21日には1stシングル『Blurry Eyes』を発売、メジャーレーベルでの本格的な活動を開始した。

1995年は積極的にライブ活動を行い、12月27日には「TOUR heavenly '95 final」で初の日本武道館コンサートを開催するなどコンサート中心の活動となった。その後もCDリリース・ライブ活動を中心に徐々に人気を広げ、1996年12月発売のアルバム『True』がデビュー後初のオリコン1位を獲得。『True』はその後発売6週目でミリオンセラーを記録し、同時期には初のアリーナツアーを開催するなど人気は過熱しはじめ、ヒット街道を驀進するものと思われたが、
1997年2月にドラマーであるsakuraが逮捕、活動予定を全て白紙化し、完全な休止体制へ突入した。

1997年10月に長い休止から復活。直後発売したシングル『虹』は当時のL'Arc~en~Ciel史上第1位のヒット(当時の自己最高初動・最高売り上げを共に更新)を記録。

2001年、シングル『Spirit dreams inside -another dream-』の発売後、tetsu・hydeを皮切りとした個人活動を開始。実質的な活動休止状態に入る。

2005年2月4日にシングル『READY STEADY GO』を発売し完全復活を遂げ、
「L'Arc~en~Cielの活動→ソロ活動→L'Arc~en~Cielでの活動」という短期集中な活動形態が確立されているロックバンドである。


>> L'Arc~en~Ciel シングル一覧へ

[ 2008/10/05 21:34 ] L'Arc~en~Ciel | TB(0) | CM(0)
アーティスト / 歌手一覧
人気ランキング
ブログパーツ


PV 無料 動画 youtube 音楽  相互リンクのリンクモスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。