T.M.Revolution 邦楽PV&歌詞 ディスコグラフィー

T.M.RevolutionのPV・歌詞を新曲からデビュー曲まで情報満載。T.M.Revolutionの情報を今すぐチェック!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

T.M.Revolution ディスコグラフィー 

|| T.M.Revolution
T.M.Revolution シングル一覧へ >> Click

T.M.Revolution(ティー・エム・レボリューション)は、西川貴教が音楽活動をする際に名乗っている名称の一つであり、彼自身のソロプロジェクトの名称である。しばしばT.M.R.やTMなどと略される。


|| 概要
"Takanori Makes Revolution"(貴教が革命を起こす)の頭文字を取ったものである。西川貴教という一個人の名義ではなく、プロデューサーや関係者、また全てのファンも一緒に歩んでいくという意味が込められたプロジェクトの名称である。 この実態について、以前に西川自身が例えとして「自分はクリスマスツリーの一番上の星で、みんなはツリーだ」と説明したことがある。

音楽プロデューサー浅倉大介が、1995年自身のユニットaccessの活動停止を発表し(2002年にaccessの活動を再開)、自身のソロプロジェクトで歌うゲストボーカリストを探していた際、ヘアメイクを担当していた美容院SMOKERの美容師・横原義雄により、1991年にLuis-Maryのボーカルとしてデビューするも思うように売り上げが伸びず、93年にはバンドを解散していた西川が紹介され、この企画が実現する。
精力的なライヴをこなした上でのデビューを飾ったが、それでも音楽業界のトップアーティストの一員と呼ぶにはまだまだであった。
転機が訪れたのは、アニメ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」のテーマソングとして起用された3rdシングル「HEART OF SWORD ~夜明け前~」のロングヒット。
これをきっかけに、メジャーな音楽番組に多数出演する機会を得る事となり、フジテレビ「HEY!HEY!HEY!」にプロデューサー浅倉大介とともに初出演を果たす。
ルックスからは想像もつかないおもしろキャラクターでお茶の間にも浸透。披露される軽妙なトークや圧倒的なパフォーマンスが話題を呼び、5thシングル「HIGH PRESSURE」でついにオリコンベスト10入りを果たす。6thシングル「WHITE BREATH」ではミリオンセラー、3rdアルバム「triple joker」では250万枚のセールスを記録。
一躍トップアーティストの仲間入りを果たし、デビューから足掛け1年半で人気を不動のものにする。
その後も順調にヒットシングルを飛ばし、2年連続の紅白歌合戦出場も果たす。

1999年春からT.M.Revolutionとしての活動を封印し、「the end of genesis T.M.R. evolution turbo type D(略称:T.M.R-e)」名義でトータルプロデューサーの浅倉大介と共に活動する事となった。
このユニット名は「創世期は終わり、T.M.Revolutionは西川と浅倉の手によって進化する」という意味。
夜をイメージしたようなクラシカルな曲調が多く、ピアノをメインとしたような楽曲でライヴでも座っての鑑賞を求めるなど、それまでのスタイルを壊す画期的な展開を見せた。
結果的には以後の幅広い活動につながることになったが、その反面話題性に欠けたり、プロモーションの頻度が落ちたことなどから、この時期よりCDの売り上げも以前に比べ減少するなどしている。

2000年3月のライブを契機にT.M.Revolutionとしての活動を再開し、CDリリース、ライブ活動を精力的にこなす。
ガンダムSEEDシリーズに多数の楽曲を提供しており、T.M.R.がアニメソングを専門として活動する歌手と勘違いされることもでてきた。

2005年1月に発売した8thアルバム「vertical infinity」では、CD音源として初めて浅倉大介のベーシックアレンジを基に、西川自身が編曲した曲を発表するなど、新たな試みが続いている。
10周年を迎えた以後も継続して様々な活動が行われ、デビュー記念日である2006年5月13日にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて記念パレードを、2006年6月7日にはシングル21作全てを収録したベスト盤『The Complete Single Collection of T.M.Revolution 1000000000000-billion-』(オリコンアルバムチャート初登場1位)が発売、さらに6月21日にはシングル21作とLOVE SAVER、Meteor、Zipsの映像作品を全て収録したベストDVDも発売
「2006年を持ってT.M.Revolutionの活動に一区切りがついた」という内容の発言をしており、以後1年間は彼自身が参加するバンドabingdon boys schoolや、2度目のミュージカルである「ハウ・トゥー・サクシード」の活動がメインに置かれ、T.M.Revolutionは充電期間に入った

2008年4月7日から放送されるアニメ「ソウルイーター」の主題歌、「resonance」を6月11日にリリースした。新曲は2年10ヶ月ぶりとなる。さらに前述のニューヨークでのライブや、2008年5月に行われるhide追悼ライブイベント「hide memorial summit」にも参加することが決定し、活動は再び活発化する。


T.M.Revolution シングル一覧へ >> Click

スポンサーサイト
[ 2008/06/22 11:36 ] T.M.Revolution | TB(0) | CM(0)

T.M.Revolution シングル一覧 

|| T.M.Revolution シングル一覧
T.M.Revolution ディスコグラフィーへ >> Click

1st 独裁 -monopolize- (1996年5月13日)

2nd 臍淑女 -ヴィーナス- (1996年7月15日)

3rd HEART OF SWORD ~夜明け前~ (1996年11月11日)

4th LEVEL 4 (1997年4月21日)

5th HIGH PRESSURE (1997年7月1日)

6th WHITE BREATH (1997年10月22日)

7th 蒼い霹靂~JOG edit~ (1998年2月25日)

8th HOT LIMIT (1998年6月24日)

9th THUNDERBIRD (1998年10月7日)

10th Burnin' X'mas (1998年10月28日)

11th WILD RUSH (1999年2月3日)

12th BLACK OR WHITE~ version 3 (2000年4月19日)

13th HEAT CAPACITY (2000年5月24日)

14th 魔弾 ~Der Freischutz~ / LOVE SAVER (2000年9月6日)

15th BOARDING (2001年2月7日)

16th Out Of Orbit -Triple ZERO- (2002年2月20日)

17th INVOKE (2002年10月30日)

18th Albireo -アルビレオ- (2004年2月25日)

19th Web of Night (2004年7月28日)

20th ignited -イグナイテッド- (2004年11月3日)

21st vestige -ヴェスティージ- (2005年8月17日)

22nd resonance (2008年6月11日)


T.M.Revolution ディスコグラフィーへ >> Click

[ 2008/06/22 11:38 ] T.M.Revolution | TB(0) | CM(0)
アーティスト / 歌手一覧
人気ランキング
ブログパーツ


PV 無料 動画 youtube 音楽  相互リンクのリンクモスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。