GLAY 邦楽PV&歌詞 ディスコグラフィー

GLAYのPV・歌詞を新曲からデビュー曲まで情報満載。GLAYの情報を今すぐチェック!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

GLAY ディスコグラフィー 

|| GLAY (グレイ)
GLAY シングル一覧へ >> Click

造語。音楽ジャンルが黒(ロック)でもなければ白(ポップ)でもないという意味である。ビートルズがバンド名を造語にしたことに因み、TAKUROがGRAY(英語。"灰色"の意)の"R"を"L"とした。また函館の冬空の色(灰色)にもかけている。

|| メンバー
TERU(Vocal)1971年6月8日生、O型。
TAKURO(Guitar・Piano) 1971年5月26日生、O型。リーダー。GLAYの楽曲の大半の作詞・作曲を担当。
HISASHI(Guitar)1972年2月2日生、O型。
JIRO(Bass) 1972年10月17日生、A型。
HISASHI以外は、北海道函館市の出身。HISASHIのみ、出身は青森県弘前市(小学生時代に北海道函館の学校へ転校)。

メンバー仲が非常に良く、それぞれの誕生パーティーを行ったり、4人でスノーボードやコンサートなどに出掛けるほどである。

|| 概要
1994年のメジャーデビュー以来数々の曲をヒットさせ、1990年代の日本ロックシーンを牽引してきた。
『HOWEVER』『BE WITH YOU』『誘惑』『SOUL LOVE』『Winter,again』『とまどい/SPECIAL THANKS』の6本のミリオンセラー作品をもつ(歴代3位。1位はB'zの15作、2位はMr.Childrenの10作)。

1995年、『Yes, Summerdays』が注目を受け、1996年に『グロリアス』がヒット。
その後2ndアルバム『BEAT out!』がオリコン初登場1位を獲得。
以降、『BELOVED』『口唇』『HOWEVER』などがヒット。
1997年にベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』をリリースし、当時の歴代アルバムセールスを更新して歴代1位(約500万枚)となった。このベストアルバムが1998年-1999年のベストアルバムブームのきっかけとなった。

それ以後も1998年に同時リリースされた『誘惑』『SOUL LOVE』などヒット曲を連発。
『サバイバル』が歴代ビデオシングル1位を記録。
1999年3月には東京ドームで5日間ライブを敢行。
同年7月31日、千葉の幕張メッセ屋外有料駐車場で『MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO'99 SURVIVAL』を行う。これは国内単独ライブとしては最高の観客動員数である(約20万人)。
12月には『Winter,again』で日本レコード大賞を受賞(後に、レコード大賞受賞を巡りメンバーで解散をしようとしていたことが明らかになった)。
1998-2000年はビジュアル系ロックバンド全盛期と呼ばれ、当時の音楽界を牽引していった。
GLAYは自らヴィジュアル系を名乗るなど肯定的な姿勢を示していた。

2002年、日中国交正常化30周年を記念して、中国・北京にて『GLAY ONE LOVE in 北京』を開催。

2004年7月31日に大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて、GLAYデビュー10周年を記念し10万人の観客を集めた『GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN “THE FRUSTRATED”』を敢行。

2005年、ミュージックビデオの祭典「SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS 05」にて特別賞を受賞。同年7月20日GLAY×EXILE名義で『SCREAM』を発売。

2006年、7月12日の『G4』発売を区切りに活動を再開。8月5日6日に『KYOSUKE HIMURO+GLAY 2006 at AJINOMOTO-STADIUM "SWING ADDICTION"』を、味の素スタジアムにて氷室京介と開催。 上記ライブに先立ち、8月2日に氷室京介とのコラボレート・シングル『ANSWER』を発売。

2007年11月9日から5ヶ月間に渡るツアー、『HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2007-2008』(全国42箇所を回り、公演数52のホールツアー)を開催、さらに2008年4月には追加公演としてアリーナクラス3会場6公演を行う。 2008年3月17日にはデジタルシングルとして『STARLESS NIGHT/-VENUS』の配信を開始。6月11日にはNEW SINGLE『VERB』を発売した。


|| シングル
GLAY シングル一覧へ >> Click

|| アルバム
GLAY アルバム一覧へ >> Click


スポンサーサイト
[ 2008/06/18 21:25 ] GLAY | TB(0) | CM(0)

GLAY シングル一覧 

||GLAY シングル一覧
GLAY ディスコグラフィーへ >> Click

1st RAIN (1994年5月25日)

2nd 真夏の扉 (1994年6月15日)

3rd 彼女の“Modern…” (1994年11月16日)

4th Freeze My Love (1995年1月25日)

5th ずっと2人で… / GONE WITH THE WIND (1995年5月17日)

6th Yes, Summerdays (1995年8月9日)

7th 生きてく強さ (1995年11月8日)

8th グロリアス (1996年1月17日)

9th BELOVED (1996年8月7日)

10th a Boy~ずっと忘れない~ (1996年11月11日)

11th 口唇 (1997年5月14日)

12th HOWEVER (1997年8月6日)

13th 誘惑 (1998年4月29日)

14th SOUL LOVE (1998年4月29日)

15th BE WITH YOU (1998年11月25日)

16th Winter,again (1999年2月3日)

17th ここではない、どこかへ (1999年8月25日)

18th HAPPINESS -WINTER MIX- (2000年1月1日)

19th MERMAID (2000年7月19日)

20th とまどい / SPECIAL THANKS (2000年8月23日)

21st Missing You (2000年11月15日)

22nd GLOBAL COMMUNICATION (2001年4月25日)

23rd STAY TUNED (2001年7月4日)

24th ひとひらの自由 (2001年9月19日)

25th Way of Difference (2002年2月27日)

26th またここであいましょう (2002年7月24日)

27th 逢いたい気持ち (2002年7月31日)

28th BEAUTIFUL DREAMER / STREET LIFE (2003年10月16日)

29th 時の雫 (2004年1月28日)

30th 天使のわけまえ/ピーク果てしなく ソウル限りなく (2004年5月19日)

31st Blue Jean (2004年8月4日)

32nd ホワイトロード (2004年12月8日)

33rd G4 (2006年7月12日)
    ROCK'N' ROLL SWINDLE
    
    LAYLA

34th 夏音 / 変な夢 ~THOUSAND DREAMS~ (2006年9月13日)

35th 100万回のKISS (2007年1月17日)

36th 鼓動 (2007年4月4日)

37th Ashes.EP (2007年10月31日)
    Ashes -1969-
    SORRY LOVE

38th VERB (2008年6月11日)

39th 紅と黒のMATADORA / I LOVE YOUをさがしてる (2008年9月10日)


GLAY ディスコグラフィーへ >> Click

[ 2008/06/18 21:36 ] GLAY | TB(0) | CM(0)
アーティスト / 歌手一覧
人気ランキング
ブログパーツ


PV 無料 動画 youtube 音楽  相互リンクのリンクモスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。